TOP > 滋賀県立大学

滋賀県立大学 入試情報(早見)2016

<基本情報>
滋賀県立大学 滋賀県彦根市八坂町2500 学生数:2,564人

<学校紹介>
平成7年開学。「キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。」に加え、「人が育つ大学」をモットーに、人間存在と環境・社会を深く見つめる。野外でのフィールドワークや実験・実習を重視しているのも特色。





<偏差値・センターボーダー得点率>
学部 偏差値 センターボーダー得点率(%)
環境科学部 52 前66・後71
工学部 50 前65・後71
人間文化学部 58 前73・後75
人間看護学部 54 前67・後69

※数値は大手模試が発表したデータのおおむね平均値です。


<学費>
学部 入学金 年間授業料等
全学部(県内) 282,000円 585,800円
全学部(県外) 423,000円 585,800円

<学部・学科紹介>
学部・学科 定員 特色
環境科学部 180 わが国で初めての「環境問題について総合的な教育を進める学部」
環境生態学科 30 自然環境を総合的に理解し、環境問題の解決をめざす
環境政策・計画学科 40 総合的な観点から環境問題解決に貢献できる人材の養成
環境建築デザイン学科 50 建築をとりまく環境や地域がかかえる課題を発見、理解
生物資源管理学科 60 生物機能を活用した物質生産と環境改善により環境問題の解決
工学部 150 基礎教育と実験・演習に重点をおいた実践的なカリキュラムを編成
材料科学科 50 材料の"科学・技術"の進歩に貢献する高度専門職業人をめざす
機械システム工学科 50 機械システムをつくる素地を養うために、基礎技術を幅広く学ぶ
電子システム工学科 50 専門基礎工学知識を持ち、社会に貢献できる技術者、研究者を育成
人間文化学部 200 日々変容する現代の地域や生活を観察し研究する
地域文化学科 60 環琵琶湖地域を中心とした、これからの地域のあり方を探究する
生活デザイン学科 30 周辺領域のデザインを中心に学んだ専門職業人を養成する
生活栄養学科 30 「食環境」を提言できる食のスペシャリストを養成する
人間関係学科 30 生活や社会システムを構築するための教育・研究を行う
国際コミュニケーション学科 50 国際的視野と語学力を兼ね備えた人材を育成する
人間看護学部 70 生き方を支える看護のあり方を探求、幅広い視野で人間を総合的に理解
人間看護学科 70 看護の対象である人間をさまざまな視点から見つめる

<取得可能免許・資格>
環境科学部 一級建築士、学芸員、社会福祉主事など
工学部 甲種危険物取扱者、社会福祉主事など
人間文化学部 学芸員、社会福祉主事など
人間看護学部 看護師、保健師、助産師など

<主な就職先>
環境科学部 山崎製パン、積水ハウス、ブルボンなど
工学部 ジーテクト、古河AS、フジテックなど
人間文化学部 関西アーバン銀行、ロック・フィールド、JA東びわこなど
人間看護学部 市立長浜病院、滋賀医科大学医学部附属病院、済生会滋賀県病院など









トップページに
戻って他の大学を調べる